地デジアンテナについて詳しく知りたい!

受信性能による種類を知っておく

地上アナログ放送の時、テレビのアンテナとしては大きく分けて2つありました。屋根の上に設置する骨組みのようなタイプと、室内に設置するタイプです。明らかに映像の質が異なり、屋根の上から受信するものの方がきれいな映像が見られました。では地上波デジタル放送を視聴するときはどんなアンテナを使うかです。タイプとしては屋根に取り付けるもの、室内で使うもの、そして屋内と屋外のどちらでも使えるものがあります。受信性能は屋根に取り付けるものが最も良くなりますが、室内アンテナでも受信ができるならきれいな映像が楽しめます。まず室内タイプで視聴できるかどうか試してみて、無理なら屋外兼用タイプや屋外専用タイプを使うといいかもしれません。

自分で取り付け可能か業者に依頼するか

地上波デジタル放送を視聴するには、テレビにアンテナを接続する必要があります。既にアンテナが屋根に取り付けられているなら、部屋に来ているコードを接続すれば視聴できます。しかし新築などでは取り付けられていないときもあります。地デジのアンテナにはいくつかの種類があり、屋根に取り付けるタイプは当然ながら屋根での作業が必要です。さらに受信方向の調整などもいるので、素人は行わない方がいいでしょう。屋内屋外兼用タイプは、屋根にも取り付けられますし、窓のすぐ横や室内などにも設置できます。窓の横ぐらいなら素人でも簡単に取り付けができます。室内タイプは部屋のどこかに置くだけなので、子供でも簡単に設置ができます。アンテナごとの移動も簡単にできます。

© Copyright Strength Antenna Waves. All Rights Reserved.