こんなにある!アンテナの種類

地デジアンテナは形と性能で分けられる

地デジアンテナは、UHFアンテナが全国で使われていますが、主に魚の骨に似た矢印形状のタイプと平面アンテナに分けられます。矢印形状の地デジアンテナは、性能が高いタイプほど大型で素子と呼ばれる部分の本数が大きくなり、強電界地域から弱電界地域迄幅広く対応可能です。テレビ電波塔からの距離に応じて、必要となる地デジアンテナのアンテナ利得数が変わるので、近所の地デジアンテナサイズを参考にすると良いです。
平面アンテナは、主に強電界地域で活躍しており、デザイン性に優れています。自宅の壁面取り付けが可能となっているので、壁のデザインと色を合わせることにより、地デジアンテナが建物のデザイン性を崩す心配が無いわけです。

衛星アンテナはサイズとコンバーターによる違いがある

衛星放送を受信するためのパラボラアンテナは、一見すると1種類と思われがちですが、そもそも衛星位置により使い分けが必要です。BS/110度CSアンテナ用として販売されている衛星アンテナは、2種類の通信衛星が似た方向を向いていてBS放送専用衛星と110度通信衛星の2種類の放送電波を共通のコンバーターにて受信しています。
一方、CS専用パラボラアンテナは、別の方向へ向けて設置する必要があるだけでなく、コンバーターにて受信可能な周波数帯も異なる違いがあります。BSとCS全てを同時に受信可能なパラボラアンテナは、中華鍋型とは異なり特殊な形状をしているだけでなく高価な製品となっているので、一部の世帯のみが利用している現状です。

© Copyright Strength Antenna Waves. All Rights Reserved.