どれがいいの?アンテナの選び方

一般家庭で使用されているアンテナの種類

自宅でテレビを受信するために必要不可欠となるのが映像電波を受信するアンテナです。とはいえ、一口にアンテナと言ってもいくつかの種類に分かれていて、それぞれ特徴が異なります。
数あるアンテナの中でも比較的有名な物が八木式と呼ばれるタイプです。魚の骨のような形状をしているのが特徴で、自宅の屋根の上に取り付ける日本で古くから使われているアンテナの代表とも言っても過言ではありません。
時代の移り変わりの中で近年需要が伸びているタイプが平面アンテナです。こちらはその名の通り平たい形状になっていて、家の側壁などに取り付けます。八木式と違って屋根部分をスッキリさせることができるので景観を重視する人におすすめです。
そのほかにも、リーズナブルな値段で人気となっているタイプが室内用アンテナになります。こちらは持ち運びが自由で気軽に設置できる反面、若干受信できる電波が弱いので注意が必要です。

電界強度によって商品を選ぶ

前述したようにアンテナにはいくつかの種類があって、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も少なくありません。このアンテナ選びをする上で重要となるポイントの一つに電界強度があります。あまり聞き慣れない言葉で知らない人も多いかもしれませんが、簡単に説明をすると映像を受信する電波の強さのことです。
テレビの電波が発信されている場所は決められていて、当然距離が遠くなるほど受信しにくくなります。そのほかにも、建造物といった遮蔽物の影響も受けやすく、同じエリアで受信の強度が変わるケースも珍しくありません。
この電界強度については周辺の住宅を調べることでわかります。電波が強ければ平面やコンパクトサイズでも十分に受信が可能で、電波が弱ければ最も受信がしやすい屋根の上に設置する八木式が必要です。
このように、アンテナの購入に迷った時はまずは自宅周辺の電波状態を確認することで選択肢を絞ることができます。

© Copyright Strength Antenna Waves. All Rights Reserved.